ちゃん いが

職場も住まいも生息域も新大阪。地元民ならではの情報をググッと掘り下げてご紹介します!

☆2018年7月更新☆

今年も迫って来ました『なにわ淀川花火大会』。見に行きたいけど、一体どこに行けば!? そんなあなたに、地元民の私が “本当は教えたくない” 穴場スポット をご紹介します。

なにわ淀川花火<無料>穴場スポットご紹介

 

まずはこの花火大会の基本情報から。
正直言うと、公式サイトが充実してるので、基本情報はそちらで集めるのが一番!

打ち上げ場所は淀川河川敷で、観覧エリアは淀川を挟んで北側と南側にあります。今日は、淀川の北側エリア「十三会場側」をメインにご紹介しますね。

 【名 称】なにわ淀川花火大会
 【開催日時】2018年8月4日 19:40~
 【会 場】新御堂筋淀川鉄橋より下流国道2号線までの淀川 河川敷

 <最寄駅> 下記は十三会場側です。梅田会場側情報は公式サイト等でご確認くださいね。
  御幣島駅(JR東西線)、姫島駅(阪神電鉄)、南方駅・十三駅(阪急電鉄)、
  塚本駅(JR)、西中島南方駅(地下鉄)

 

ではさっそく!
あなたはどんな風に↓↓↓ 花火を楽しみたいですか?

1.【有料】【ド迫力】【イス有】【暑】 水中花火も全部観たい
2.【無料】【ド迫力】【イス無/座れる】【暑】無料&ド迫力で観たい
3.【一部有料】【遠景】【イス有】【涼】人ごみを避けたい

 

●水中花火も全部観たい

「なにわ淀川花火大会」は『水中花火』も見ごたえバツグン。 もし 水中花火もガッツリ観たい なら、有料観覧席しかありません!

  •  ●公式サイトで観覧席チケットを入手!
  •  ●毎年6月初旬に販売開始!

 

 

●無料&ド迫力で楽しみたい

ド大迫力を無料で楽しみたい、そんなあなたに超オススメのポイント、あります! どんな風に見えるか、まずは昨年の動画を見てみてくださいね!
(特に 30秒~、1分03秒~ がオススメ)


いかがですか? 気に入っていただけました?

 

ではいよいよ、動画のポイントをご紹介しましょう。

 

オススメ無料観覧ポイントは、ズバリ!ココ↓↓

このエリアは当日、車両・自転車とも通行止めになります。 開始時間が近づくと、道路の端の縁石やレジャーシートに座る人がどんどん増えますが、道幅が広いので問題なく座って観ることができます。 あなたも「お花見」の要領でレジャーシート持参で好きな場所に座っちゃいましょう。
ここにたどり着くまでは、凄い人ごみなので一瞬不安になるかもしれませんが、大丈夫。 着いてしまえば、広~々してます!

[補足1]当日は遅くても17時台には現地に向かいましょう。人ごみでたどり着けなくなりますよ。
[補足2]帰りは「阪急 十三駅」に戻ることはあきらめて「地下鉄 西中島南方または新大阪」駅まで歩くことをオススメします。

 


楽しげに行き交う浴衣カップル。道も広々。

 


花火がはじまるとこんな感じ。下から見上げる花火はド迫力!

 

●人ごみを避けて楽しむ

遠くからでもいいから、汗をかかずに人ごみを避けて ゆっくり見たいなら、少し離れたビルの屋上や飲食店から観る方法がおすすめ。 もちろん人気のお店は予約で埋まってる可能性大ですので、事前に予約しておきましょう。(お店を予約するときは「花火が見える席が空いているか」確認をお忘れなく)

 

そんなあなたにおすすめのスポット↓↓↓

 

いかがですか。上記なら、交通の便もバツグンです。

要するに、高い建物ならどこでもいい訳なんですが(笑)
お店選びで、ひとつご忠告申し上げるならば、当日、会場の最寄駅周辺はたいへんな人ごみになるので、近づかなくて済むようなお店選びをしましょう。たとえば、会場より南から来る方は「梅田駅より北上しない」、北から来る方は「新大阪駅より南下しない」ようにするだけでも随分ラクです。

 

それでは、あなたも大迫力の花火を目いっぱい楽しんでくださいね。虫よけと水分補給をお忘れなく~!

 

ではまた次回!

以上、ちゃんいが でした (・´ェ`・)ノ゛

Facebookでコメントする!

コメントを入力