新大阪駅土産〜洋菓子編〜5
唐揚げ隊長

人生の3分の1は唐揚げのことを考えてきました。

こんにちは。唐揚げ隊長です。
人生の3分の1は唐揚げのことを考えてきました。

ダイエット中の隊長に、セブンイレブンが新商品「チョコバウム」で攻めてきました。
美味しすぎて陥落寸前です(ちょろい)。

新大阪駅土産〜洋菓子編〜1

引き出しに常備して、ほんのり漂うチョコバウム臭を楽しむのが隊長スタイル。

 

さて、前回の「新大阪駅でお土産選びに迷ったら…新大阪駅で帰省土産を買い続けて15年の筆者オススメ土産6選 〜和菓子編〜」に続き、今回は洋菓子編をお届けします。

和菓子編同様、今回も、新幹線改札内を除く新大阪駅内で買えるお土産を選びました。

 

その1 ぐりこ・や Kitchen「Pritta」

隊長の中での新大阪駅限定土産の代表が、「うぐいすボール」と、ぐりこ・やKitchenの「Pritta」。
どちらも贈ると喜んでもらる新定番です。

ぐりこ・や Kitchenで販売されている Prittaは、揚げたてのしっとり柔らかいスティック状のお菓子。
甘い系の「スイーツタイプ」と、塩味系の「スナックタイプ」。
どれも美味しいので選ぶのが楽しい。

新大阪駅土産〜洋菓子編〜2
出所:グリコ ウェブサイト

そして賞味期限が翌日ということもあり、レア度も高いお土産です。

 

そしてそして…

 

夕方になると売り切れます。。

新大阪駅土産〜洋菓子編〜3

ショック。。

前回の喜八洲総本舗のみたらし団子も売り切れでしたが、やはり人気のお土産は早めに買う方がよいですね…。

ちなみに隊長のお気に入りはシュガーバター。
お土産と一緒に自分用にも買います。

 

その2 りくろーおじさんの店「とろ〜りプリン」

チーズケーキが有名なりくろーおじさんの店。

りくろーおじさんとビアードパパ、「どっちがチーズケーキでどっちがシュークリームだっけ?」と混乱するのは隊長だけでしょうか。あとステラおばさんも。
隊長が年老いたら、「りくろーパパのクッキー食べたい」とか言ってそうです。

りくろーおじさんの店は、新大阪駅の改札の中と外にそれぞれ2店舗あります。

こちらはエキマルシェ(改札の中)にあるお店。

新大阪駅土産〜洋菓子編〜4

改札内の待合スペース近く。うぐいすボールやぐりこ・や Kitchenも近くにあります。

 

そしてこちらはアントレマルシェウエスト(改札の外)にあるお店。
ちょっとわかりにくいかもしれませんが、千成ひょうたん近くのセブンイレブンの奥に…

新大阪駅土産〜洋菓子編〜5

新大阪駅土産〜洋菓子編〜6

お店があります(551の横です)。

 

りくろーおじさんのチーズケーキはもちろん美味しいのですが、プリンも負けないくらい美味しいので、お土産に買っていくとシンプルに喜ばれます。

新大阪駅土産〜洋菓子編〜7

お店では1個から買えますし、3個入り、5個入りもあります。

 

新大阪駅土産〜洋菓子編〜8

これは3個入り。

 

新大阪駅土産〜洋菓子編〜9

1個の値段が200円で日持ちが3日間という「できる子!」って感じのお土産です。

 

その3 ユーハイム なにわ鯛焼きパイ「天晴鯛焼きくんフィナンシェ」

神戸のお菓子屋さん、ユーハイム。

隊長が関西に来て最初に住んだのが京都だったのですが、その当時、四条河原町の北西角に「ユーハイムビル」という小さなビルがありました。

静岡出身の隊長は、「関西にはユーハイムっていうハウスメーカーがあるんだな」と、疑いもなく、ユーハイムをセキスイハイムと同じ引き出しに入れていました。

なので、「ユーハイム=神戸のお菓子屋さん」と知ってからも「ユーハイム」と聞くと、セキスイハイムの「帰りたーい、帰りたーい、あったかハイムが待っている♪」という阿部寛のあのCMが、隊長の頭の中に流れるのです。(どうでもいい)

そんなユーハイムの新大阪駅限定のお店が「なにわ鯛焼きパイ」。

もちろん商品も新大阪駅限定です。
鯛焼きの形の「鯛焼きパイ」をはじめ「天晴鯛焼きくんサブレ」や「天晴鯛焼きくんフィナンシェ」もあります。

隊長のオススメは天晴鯛焼きくんフィナンシェ。

新大阪駅土産〜洋菓子編〜10

美味しいのはもちろんですが、魚の形がとてもかわいいのです。

 

新大阪駅土産〜洋菓子編〜11

あと、箱と袋もかわいいです。

 

新大阪駅土産〜洋菓子編〜12

 

新大阪駅土産〜洋菓子編〜13

やっぱり、ハウスメーカーのイメージが…(まだ言ってる)

 

その4 PATISSRIE JOKER 「とろバウム」

枚方にある人気スイーツ店、パティスリージョーカー。
お店は枚方に2店舗あるのですが、枚方以外は新大阪駅のエキマルシェのみ。

お店は、りくろーおじさん、うぐいすボール、ぐりこ・やKitchen、なにわ鯛焼きパイなど、お土産強豪店がひし並ぶ、エキマルシェ一の繁華街(?)、「エキマルシェ銀座」(隊長が勝手に呼んでる)にあります。

新大阪駅土産〜洋菓子編〜14

お店の世界観が濃い…!

 

パティスリージョーカーを代表する商品「とろバウム」。
冷やしても美味しいのですが、温めるとクリームが溶けてこれまた美味しい。

新大阪駅土産〜洋菓子編〜15
出所:パティスリージョーカー ウェブサイト

これからの季節、「温めて食べてね」とお土産に持っていくと喜ばれるかもしれません。
店舗から発送できるそうなので、帰省のお土産にも使えます。

あと、アリスBOXというクッキーの詰め合わせも美味しくてオススメ。

 

新大阪駅土産〜洋菓子編〜16
出所:パティスリージョーカー ウェブサイト

とろバウムもアリスBOXも、パッケージがかわいくて、隊長の乙女成分が噴き出すレベル。
小さなお子様がいるお家へのお土産にピッタリです。

 

その5 Delicious(デリチュース)のチーズケーキ「DELICIUS」

上品で高級な北摂エリアで人気の洋菓子店「Delicious(デリチュース)」。

どういうわけか、新大阪駅内のカフェでデリチュースの人気チーズケーキを買うことができるのです。

そのお店は、新幹線中央口近くにある「ESTACION CAFE TIME(エスタシオン カフェ タイム)」。

新大阪駅土産〜洋菓子編〜17

入り口の左側にテイクアウト用のカウンターがあり、デリチュースはここで買うことができます。

 

がしかし。

 

この記事を書いた日は「完売しました」の札が。。

お店の方に聞くと、「人気商品で、品切れになることが多いんです」とのこと。
状況によっては取り置きもしてくれるそうです。
日帰り出張などの場合には、先に取り置きの相談をしておく方がよいかもしれません。

肝心のチーズケーキはこんな感じです。

 

新大阪駅土産〜洋菓子編〜18
出所:デリチュース ウェブサイト

この北摂感。スティック状のものはリンゴでしょうか。こんな切り方初めて見ました。北摂ではリンゴはスティック状なのかもしれません。

ちなみにデリチュースのお店は、箕面本店と大阪駅とシンガポールにあるんだそうです。
箕面、大阪駅ときて、いきなりシンガポールというところに、お店の気合いを感じます。とても気になるお店なので近々箕面本店に行ってみたいと思います。

 

さて、今回の洋菓子編、いかがでしたでしょうか。
帰省や年末の挨拶のお土産選びの参考になれば嬉しいです。

それではまた!

Facebookでコメントする!

コメントを入力