糸数 康明

平日は会社員、土曜日は学校講師。音楽・車・写真・ゲーム・旅行が大好きです。 Tumblrやってます。 http://dsgdpt.tumblr.com/

こんにちは!ZattaOsaka編集部の糸数です。
昨年末に、倉敷に小旅行してきたので、その時に訪れた「水島コンビナート」をご紹介します!夜景や工場好きの方、必見です!

水島コンビナートとは


鷲羽山水島展望台に設置されていた案内板

“瀬戸内海に臨む総面積約2500haの空間に200を超える事業所が立地する水島コンビナート。
石油精製、鉄鋼生産、自動車などを基幹に、日本を代表する重化学コンビナートとして発展を続けています。
美しく光るコンビナートの夜景は、「夜景100選」にも選ばれていて、想像をはるかに超える感動を味わうことができます。”(倉敷観光WEBより)

ということで、西日本では有名なエリアです。大阪でも堺に「堺泉北臨海工業地帯」というのがあるのですが、付近に高いところがなく(高速道路くらいしかないです。。)展望台もないのでじっくり見渡すことができません。なので、大阪からこの水島コンビナートを訪れる方も結構いらっしゃるかもしれませんね。

いざ、夜の展望台へ

水島コンビナートより東側は、川を挟んで鷲羽山や大山や石鉄山など、山が連なっています。

そしてそこには「鷲羽山スカイライン」が通っていて、そこの展望台からこの水島コンビナートを含む景色が一望できることから、人気のスポットとなっています。

今回は、その近くのホテルに滞在していたので、夕食を済ませた後、いそいそと深夜に展望台にやってきました。

↓場所はこちらです↓

このGoogle Mapのピンで示している、この「鷲羽山水島展望台」が、鷲羽山スカイラインの展望台の中でも水島コンビナートを望める唯一のスポットとなっています。

このスカイラインは現在無料ですので気軽に行けるがゆえ、走り屋も結構いたので、後ろからそれらしいのが迫ってきたらハザードを焚いて先に行ってもらっいましょう。夜は暗いですし慣れていないと危ないです!安全運転で行きましょうね。ちなみに翌朝、日があるときも写真を撮りに来ましたが、その時はなぜかバイクが多かったです。
あと、駐車スペースはあるにはあるのですが、4台分しかないので、混雑しているときは無理な路駐をしたり、長時間車を置きっぱなしにしないような配慮も必要です。

前置きが長くなってしまいました。。こちらが展望台から見た全景です!!


ISO160 24mm f/8.0 SS30s

この写真は、上下をトリミングしています。肉眼や広角寄りのカメラ(スマートフォンのカメラも)だと、フレームいっぱいに工場の夜景を収めるのが難しいほど遠くに感じます。

そこで、前回のおすすめスポットのように車で訪れる場所ですので、望遠レンズと三脚を忘れずに持って行きましょう。夜景だと長時間露光になるので、ほんのちょっとのブレも大敵。大きめの三脚をがあればぜひチョイスしてください。

それでは望遠レンズで撮影した写真をいくつか紹介していきますね〜!


ISO200 150mm f/7.1 ss6s
左前方の、ちょうど18番あたりの「三菱化学」あたりです。このようにズームで長時間露光で見てみると、煙突以外にも色んなところから煙が出ているのがわかります。ちょっと葉っぱがカブっていますね。夏場など、手入れがされていない状態だと余計に見にくくなるかもしれません。

ISO200 240mm f/8.0 ss13s
向こう岸も工場でぎっしりです。地図で見ると火力発電所のようです。

ISO200 360mm f/7.1 ss5s
もうちょっと寄って、360mmでこれぐらいです。これ以上にズームして、撮影者のセンスで風景をフレーミングしていけば、ここのような定番のスポットでもオリジナリティを出せるかもしれませんね。

ISO200 600mm f/8.0 ss6s
案内板でいうと、「旭化成」か「ペトロコークス」か。炎が立ち上っていました。山の反対側からでも空が明るくなっていたほど、大きい炎でした。

ISO200 240mm f/7.1 ss8s
どこをフレーミングしても絵になります。

ISO200 210mm f/7.1 ss8s
この三本が合体した煙突は「三菱化学」でしょうかね。



ISO200 320mm f/8.0 ss10s
タテ位置でも撮ってみました。

ISO200 320mm f/8.0 ss10s

ISO200 150mm f/8.0 ss13s
展望台の正面にある小さな山から右側もぎっしりと工場が並んでいます。夜だから霧が出ているのかはたまた煙突の煙でモヤがかっているかわかりませんが、よい味となっています。


ちなみに、、次の日の朝にも来ましたが、空は青空でした。でも靄がかかってあまり良い撮影日和とはなりませんでしたね。。

というわけで、水島コンビナートのご紹介でした。

大阪からは少し遠いですが、この大迫力の夜景は圧巻です!私は時間の都合上、この展望台からしか撮影することができませんでしたが、もし行かれる際はいろんな角度から観察してみてくださいね〜!

Facebookでコメントする!

コメントを入力